ATH-AVC500 購入の件

先日、シン・エヴァンゲリオン劇場版を観てきました。
その中には当然、宣伝などで見覚えのあるシーンがいくつかあるわけです。
ですが、どうも自宅のテレビで観たものとは違う。
映画館の大きなスクリーンでしか気付かない色や映像、整った音響設備でしか聞こえない音などがあるのだと思います。

おうち時間も増える昨今、自宅の音響設備を少し整備しても良いかなと思いました。
そこで、Audio-Technica 社のATH-AVC500 というヘッドホンを購入したので、ご報告します。

ATH-AVC500 ダイナミックヘッドフォン

装着感 パッドは耳をすっぽりと覆う形です。
ヘッドサポートは柔軟性があり、ヘッドホンを装着すると、頭部にジャストフィットします。
ドライバー部は左右にくるくる回るので、顔の形や耳の位置にも柔軟にフィットします。
加えてパッドもヘッドサポートも柔らかい材質で、快適な装着感です。
また、パッドは遮音性が高く、音を流さずに簡易なイヤーマフ代わりにも使うことが出来そうです。

接続性 ケーブルは十分長いので、取り回しには困らないです。 ケーブルの接続はステレオミニプラグで、ステレオデカプラグへの変換アダプタも同梱されています。

音質 音楽などを再生しても、何かの音が強すぎたりすることもなく、とても聴きやすいです。 音量についても、iPad では最小音量でも普通に聴くことができます。

ということで、良い買い物でした。
まずは何曲か音楽を聴いた程度なので、週末にでもヘッドホンで映画を観てみようと思います。